Japan
Department

The Japan Department in CCA is established to offer comprehensive legal consultation and guidance to Japanese clients.

Japan has been Malaysia’s fourth largest trading partner after China, Singapore and the United States, and as Japanese interests in Malaysia continues to grow, CCA is at the forefront to hand-hold Japanese interests and investment in Malaysia.

The Japan Department at CCA offers familiarity with Japanese business culture, provides services in Japanese and offers professional legal services in all areas of law relevant to business and investment in Malaysia.

The Department has personnel who is native to Japan and is therefore able to converse in the Japanese language and possess an intimate working knowledge of Japan and Japanese business culture.

Japanese Language

CCAの日系企業部門は、日系企業クライアント様に対して包括的な法務コンサルティングやアドバイスを行うために設立されました。

日本は、マレーシアにとって、中国、シンガポール、そして米国に次いで4番目に大きな貿易相手であり、日系企業がマレーシアに対して大きな関心を寄せていることから、CCAは、こうした関心に応え、マレーシア投資を支援する最前線に立とうと心がけております。

CCAの日系企業部門は、日本の企業風土を熟知しており、マレーシアにおけるビジネスと投資に関する全分野について、日本語での専門的法務サービスを提供しております。

CCAの日系企業部門は、日本に関する詳細かつ実用的な知識を有し、かつ日本の企業風土を理解している日本人を擁しており、日本語での会話・対応が可能です。